Staff・健康ブログ

2023年10月 3日 火曜日

知覚過敏について

こんにちは歯科衛生士のエミです。朝晩はだいぶ気温も下がってやっと秋らしくなってきましたね。そろそろお水も冷たくなってくる季節なので今日は知覚過敏についてお話します。
歯の神経(歯髄)からは象牙質に向かって微細な管(象牙細管)が無数に伸びていて、その管を通って栄養が象牙質に送られています。歯周病などで歯ぐきが下がり歯の表面がすり減ると、象牙細管が露出します。露出した象牙細管は外部から受ける刺激の通り道となります。異物や細菌が入ってこないように歯髄から外側へつねに歯髄液がしみ出しています。この時冷たい、あるいは熱いという温熱刺激や歯ブラシなどの物理的刺激が加わると象牙細管の歯髄液の流れに変化が生じます。これが歯髄に伝わることで痛みとして知覚されて知覚過敏となります。
知覚過敏に対しては食生活の改善や適切な歯磨きが大切ですが歯磨き剤選びにも着目するとよいでしょう。歯磨き剤に配合されている有効成分は2つあげられます。1つはフッ素(フッ化物)でもう一つは硝酸カリウムです。フッ素は歯の再石灰化を促進することで露出した象牙細管(刺激の通り道)の封鎖が期待できます。一方、硝酸カリウムは刺激に対する神経の反応を抑える成分です。これは歯科医院での知覚過敏治療薬の塗布剤としても使用されています。ただしこれらを用いても知覚過敏の症状が引かない場合には歯科医院の受診をおすすめします。



むし歯,歯周病,入れ歯のかみ合わせ,白い歯,ホワイトニングなどの治療は「よいほの歯科診療所まで」

投稿者 よいほの歯科診療所

カレンダー

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ