Staff・健康ブログ

2018年6月27日 水曜日

タバコで歯周病が10年速く進行する

こんにちは(*^-^*)歯科衛生士のマキです。梅雨の時期、紫陽花が彩りよく咲いて、雨の季節ですが綺麗ですね。
さて、今回はタバコと歯周病についてのお話をします。
近年では、禁煙ムードが広まり辞められる方も多いかと思います。 タバコは歯周病の進行を速める原因の一つ
にはいります。約4800人の方の喫煙状況と歯周病のの進行度を比較したところ、中等度、重度歯周病の方の割合が
30代の喫煙者さんと40代の非喫煙者さんと同じくらいの結果になりました。40代の喫煙者さんと50代
の非喫煙者さん、50代喫煙者さんと60代非喫煙者も同じような割合になっています。
つまり、「タバコを吸っている人は吸わない人より10年、歯周病の進行が速くなる」のです。
歯周病を予防するためにもタバコは控えたほうが宜しいかと思います。





むし歯、歯周病、入れ歯のかみ合わせ、白い歯、ホワイトニングなどの治療は「よいほの歯科診療所」まで







投稿者 よいほの歯科診療所

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30