Staff・健康ブログ

2016年8月 3日 水曜日

清涼飲料水について

こんにちは(*^-^*)歯科衛生士のマキです。
日に日に暑さが増してきましたね。今年の夏も暑くなるみたいですね・・・。お天気が良いのはうれしいですが、紫外線がとても怖いです。
さて、今日は飲料水のお話をします。これからの時期は熱中症対策など水分補給が必要で、清涼飲料水を飲まれる方も多いと思います。ただし、清涼飲料水に含まれる砂糖の量はお茶や天然水に比べ、かなり甘味が強いです。自販機で売られているもので、一缶40gを超える砂糖が含まれているものもあります。一杯のコーヒーや紅茶に入れる砂糖の6~7倍の量になります。
コーラや果汁を含むものの多くは、酸性の度合いも強く歯の表面からカルシウムが溶けだしてむし歯になりやすいお口の環境になってしまいます。酸性が強いと脱灰を起こして歯の表面を溶かします。そこに歯垢(プラーク)が付着するとむし歯の進行も早くなります。
でもお茶やお水しか飲まないのは難しいと思いますので、ノンシュガーのものやストレート果汁のものを選んだり、摂取後はうがいや歯磨きをするなどしてむし歯になりにくくするように心がけてみて下さい。



むし歯、歯周病、入れ歯のかみ合わせ、白い歯、ホワイトニングなどの治療は、
よいほの歯科診療所まで



投稿者 よいほの歯科診療所

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30