Staff・健康ブログ

2014年9月22日 月曜日

難聴と糖尿病

こんにちは♪歯科衛生士のゆりです(^-^)
9月に入って過ごしやすいお天気が続いてますね ☆ミ
朝と夜は肌寒いので、風邪をひかないように皆さん気をつけましょう(T_T)/~~~

今日は難聴と糖尿病についてお話ししたいと思います。糖尿病患者さんは、そうでない人に比べて難聴になりやすいという調査結果が出ているそうです。この研究内容は横断研究をもとにしたメタ解析であるため「糖尿病が難聴の発症にリスクになる」という因果関係までを示すことはできないが「糖尿病患者さんに難聴の方が多い」ということが明らかになりました。調査結果では糖尿病患者さんは、そうでない人に比べて難聴になっている人が約2.2倍多いことが分かり、さらに60歳以下の糖尿病患者さんは、高齢の糖尿病患者さんより難聴になるリスクが高く、加齢による難聴とは別と考えられているそうです。糖尿病患者さんが、そうでない人に比べて、難聴になるリスクが高くなる大きな理由は、高血糖が続くことで蝸牛の中にある毛細血管が硬化したり、血流が悪くなったり、中耳から伝達された音を神経の電気信号に変換する働きを持つ有毛細胞や蝸牛神経が障害されるためと言われています。難聴だと生活の安全性が下がるので、早期発見・早期治療が何より大切です。「耳が聞こえにくい」と感じたら、すぐに主治医の先生や耳鼻科の先生に相談してください( ^^)




むし歯、歯周病、インプラント、入れ歯のかみ合わせ、白い歯、ホワイトニング等の治療は、
三重県松阪市よいほの歯科診療所まで


投稿者 よいほの歯科診療所

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30