Staff・健康ブログ

2013年10月 9日 水曜日

生え替わりの時期のむし歯予防

こんにちは♪歯科衛生士のゆりです(^o^)/
さんまの美味しい季節になり、やや食欲旺盛な私です><
ついつい食べ過ぎてしまい後から後悔の日々ですが、
秋の味覚を楽しみつつ、ダイエットも頑張りたいです(^-^)!

今日は乳歯から永久歯に生え替わる時期の歯を守るお話しをしたいと思います。
歯の生え替わりは6~7才頃から始まり、人生でたった一度しかないビックイベントです!
歯で苦労しない人生をゲットするための重要なターニングポイントでもあります。

生え替わったばかりの大事な永久歯はまだ軟らかく、むし歯菌の出す酸に弱いのでむし歯になりやすい状態です。
生えかけの奥歯は噛み合わせ面が引っ込んでいます。ぐらぐらする歯の周りはには隙間ができプラークが溜まりやすく、歯茎はデリケートで歯磨きがとても難しくなります。生えたての永久歯を虫歯にしてしまうことも珍しくありません。
この時期は、歯並びの問題も表面化しやすく、ご家庭だけでお子さんの歯の健康を管理するのはとても大変です。永久歯が生えると、磨く場所も範囲もガラリと変わるので注意が必要です。
この機会に歯科医院でブラッシング指導を受け、フッ素塗布やシーラント(歯の咬合面の溝をつめる)などで予防していきましょう。
定期的にメインテナンスを受けて、この大切な時期上手に乗り越えていってください^^






むし歯、歯周病、インプラント、入れ歯のかみ合わせ、白い歯、ホワイトニング等の歯科治療は、
三重県松阪市よいほの歯科診療所まで





投稿者 よいほの歯科診療所

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30