Staff・健康ブログ

2019年10月23日 水曜日

歯をケガしたとき、どうすればいい?

こんにちは(*^-^*)歯科衛生士のエミです。すっかり朝晩は冷え込んできましたが体調を崩ないように気をつけたいですね。
さて今日は歯をケガしたときの対処法についてお話したいと思います。


<大変!!歯のケガです>
頭痛や吐き気めまいなど脳震盪の症状がないかを確認します。大丈夫なら急いで歯科へ!!脳震盪の疑いがあるときは揺するなどせず、病院の救急外来へまず受診しましょう。

<抜けた歯、欠けた歯を保存>
再植には歯の根っこが大事なので触らないように、水で洗うと塩素が影響するので砂はついたままでokです。乾燥が大敵なので保存液や牛乳に入れて受診してください。

<急いで歯科医院へ>
歯の再植は時間との勝負、とくにお子さんの場合早く戻すほど再植がうまくいく可能性があるので諦めずに保存した歯を持って歯科医院や口腔外科を受診しましょう。

<治療後は経過観察>
治療後も歯がしっかり根付いたかどうか炎症が起きていないか再植した歯の周りのは歯ダメージを受けていないかなどの経過観察が必須です。必ず通院しましょう。





むし歯,歯周病,入れ歯のかみ合わせ,白い歯,ホワイトニングなどの治療は「よいほの歯科診療所」まで

投稿者 よいほの歯科診療所 | 記事URL

2019年9月25日 水曜日

口腔がんのリスクのあるお口や習慣

こんにちは(*^-^*)歯科衛生士のエリです。段々、秋らしくなってきましたね。さて今日はお口のリスクについてお話したいとおもいます。
お口の中で慢性的な刺激を受ける場所ほどリスクが高いです。口腔がんを予防するにはそうしたリスクのある場所を放置しないのが重要です。
むし歯・...重度のむし歯が絶えず当たる粘膜が床ずれのようになり、口腔がんになったという報告もあります。
合わなくなった被せ物や入れ歯・・・被せ物が舌や粘膜にぶつかっていたり入れ歯が歯ぐきを痛めているというのも要注意。
傾いた歯・・・内側や外側に傾いている歯がくちびるの裏側や舌にいつもぶつかっていると口腔がんのリスクに。とがった歯や欠けた歯もお口の粘膜に傷をつけやすいです。
不潔なお口・・・歯磨き不足の不潔なお口は口腔がんのリスクを高めます。
歯周病・・・歯周病による歯ぐきの炎症は、お口の粘膜への慢性的な刺激となります。
お口の癖・・・くちびるや舌を嚙んでしまうなどのお口の癖も、粘膜を繰り返し傷つける原因に。
お酒とタバコ・・・アルコールと喫煙はお口の粘膜を弱くし傷つきやすくします。
ビタミン不足や栄養の偏り・・・偏った食生活もお口の粘膜を弱くし傷つきやすくします。
ですから異常をかんじなくても、三ヶ月に一回は定期的にみてもらいましょう。



むし歯,歯周病,入れ歯のかみ合わせ,白い歯,ホワイトニングなどの治療は「よいほの歯科診療所」まで

投稿者 よいほの歯科診療所 | 記事URL

2019年8月20日 火曜日

歯周病の早期発見の重要性

こんにちは(*^-^*)歯科衛生士のマリです。夏休みもいよいよ終盤ですね!まだまだ暑い日も続いているので体調管理には気を付けてくださいね。
さてみなさん、「歯を失う怖い病気」というイメージが強い歯周病。ですが、テレビのCMなどでみられるように、短期間で歯がグラグラになって抜け落ちてしまうことはありません。統計的には、歯周病になりにくい人が1割、進行しやすい人が1割、残りの8割の人はゆっくり進行していきます。
歯周病を予防するには、セルフケアだけでなく、歯周病の早期発見が重要です。早く異常がわかれば、その分早く手が打てます。そのためには、定期的に歯科医院で健診を受けろことが大切。もし歯周病になっていて治療を受けたのなら、治療が終わったときが歯を守る新たなスタート地点です。再発を予防するために健診に通いましょう。





むし歯、歯周病、入れ歯のかみ合わせ、白い歯、ホワイトニングなどの治療は「よいほの歯科診療所」まで

投稿者 よいほの歯科診療所 | 記事URL

2019年7月26日 金曜日

最近おしゃべりが減っていませんか?

こんにちは、歯科衛生士のマキです。この数日で梅雨が明けたように毎日暑いですが、元気にお過ごしでしょうか?

さて、今回はお口のパサつきについてのお話です。唾液はお口や舌を動かして唾液腺が刺激されて分泌されます。今はメールやライン、インスタグラムや
フェイスブックなどでやり取りをして済ませるため、お口を動かす機会が減っています。「おしゃべり」が減るとともに、お口の周りの筋肉を動かさないため唾液の
分泌が少なくなりパサつきの原因になります。
唾液の分泌が減りやすい日常生活とは?
① 電話よりメール、ラインでのやり取りが多い
② 最近、友人とあまり会っていない
③ 欲しいものは、ネットでショッピング
④ 家にいるとき、一日中テレビ
⑤ 食事は一人で済ませる事が多い

なかなか昔の環境に戻るのは無理な事ですが、少しでも減らすことを心がけてみましょう。



むし歯、歯周病、入れ歯のかみ合わせ、白い歯、ホワイトニングなどの治療は「よいほの歯科診療所」まで

投稿者 よいほの歯科診療所 | 記事URL

2019年7月 1日 月曜日

歯がなくなったら歯周病菌はどうなる!?

こんにちは(*^-^*)歯科衛生士のミズカです。
梅雨の本格的なシーズンになってきましたね。
今年の夏も猛暑でしょうか、、、これからくる暑い夏に向けて体調管理に十分気を付けたいものですね。。。



さて今回は歯がなくなると歯周病菌はどうなるのか、、、
についてお話をしたいと思います。

歯がなくなると棲むところがなくなり歯周病菌も消えてなくなる、、、
そう思いますよね。
実はすべての歯がなくなっても歯周病菌は生き残ります。
まずは舌の中。舌表面のシワや溝の深いところには酸素が届かず、その様な場所が大好きな歯周病菌の絶好の棲みかになります。
また舌表面には食事のたびにいろいろな栄養素が運ばれてきますので、食べ物にも不自由しません。
ですので舌は「細菌のゆりかご」と呼ばれ、さまざまな細菌の安住の地となっています。
それから口の中の粘膜組織、歯の周りの組織などの中でも細菌は生き長らえていると考えられています。

歯がないからといって口の中の清掃を怠ってはいけません!!
細菌のゆりかごとよばれる舌を専用のクリーナーでしっかりとプラークコントロールしてあげて下さいね!!










むし歯、歯周病、入れ歯のかみ合わせ、白い歯、ホワイトニングなどの治療は「よいほの歯科診療所」まで

投稿者 よいほの歯科診療所 | 記事URL

カレンダー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31