Staff・健康ブログ

2023年5月30日 火曜日

フッ素配合歯磨剤の効果を高める使い方

こんにちは(*^-^*)歯科衛生士のエリです。(*^-^*)いよいよ梅雨入りしましたね。今日はフッ素配合歯磨剤についてお話したいとおもいます。
フッ素配合歯磨剤は、ただ使えばよいというわけではありません。3つの大原則をご紹介します。
❶歯磨き剤をむし歯になりやすいところに届けること。奥歯の溝、歯と歯の間、歯と歯茎の境目などの磨きにくいところに付けて磨く。
❷推奨濃度のフッ素配合歯磨剤を使用する。フッ素配合歯磨剤のむし歯予防効果は、フッ素の濃度によって違います。フッ素濃度が高い方が虫歯予防効果が高いです。
❸歯磨き剤は、適正な使用量を用いる。歯磨き剤は、歯磨き中に唾液によって少しずつ薄まっていきます。そのため使用量が少ないと、すぐにフッ素の濃度が低下して、効果が発揮できなくなってしまいます。フッ素の有効濃度を保つために、適正量を使用しましょう。




むし歯,歯周病,入れ歯のかみ合わせ,白い歯,ホワイトニングなどの治療は「よいほの歯科診療所」まで

投稿者 よいほの歯科診療所

カレンダー

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ