Staff・健康ブログ

2016年12月16日 金曜日

交通事故より多い!寒い冬はヒートショックにご用心

こんにちは(*^-^*)歯科衛生士のマキです。12月に入り2016年もあと少しになりました。
毎年一年の過ぎるスピードがすごく早く感じます。特に何もしてないのですが。。
この寒い季節、室外室内の気温差が激しく、体調を崩される方もみえると思います。
寒い日は、体も冷えるため、温める方法の一つに入浴法があります。気をつけなくてはならないのが
「ヒートショック」 「サーマルショック」と呼ばれる室内の温度差が原因とみられる入浴中の死亡事故です。
室温の急激な変化で、血圧が上下に大きく変動することで、失神や心筋梗塞、不整脈、脳こうそくを起こして 亡くなってしまうことがあります。
入浴時に二度起こりうる温度差に注意が必要です。
温かい部屋から冷え込みやすい脱衣場、浴室、トイレは、暖房器具で温めたり、熱いお湯に浸かることで、血圧が上がるため湯温を41℃以下に
するのも大事です。また食後や、飲酒時の入浴も血圧が下がりやすくなるため1時間以内は、避けられるといいかと思われます。
高齢者の方は、特に血圧変化をきたしやすく体温を維持する生理機能が低下しているため注意が必要です。
また、生活習慣病(高血圧,糖尿病、肥満)の方も注意して下さい。糖尿病の方は口腔疾患にも影響を及ぼす以外に血圧の変化で脳への血流変化の
影響を受けやすくなります。


むし歯,歯周病、入れ歯の嚙み合わせ、白い歯,ホワイトニングなどの治療は「よいほの歯科診療所」まで




投稿者 よいほの歯科診療所

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30