Staff・健康ブログ

2019年11月26日 火曜日

咀嚼能力が落ちると筋肉、体力はどう変わる?

こんにちは(*^-^*)歯科衛生士のマキです。11月に入り温度差で体調を崩しやすい時期ですが、大丈夫ですか?インフルエンザも既に出ているようで気をつけてくださいね。

さて、サルコペニアという言葉を聞いた事がありますか?筋肉の主成分はタンパク質。タンパク質の摂取が不足すると、サルコペニアになりやすい事をご存知でしょうか?
サルコペニアとは、加齢によって生じる筋肉量、筋力の低下のことで高齢者の体力や運動機能を急激に低下させる、転倒や寝たきりの原因として非常に問題視されています。
サルコペニアの中で深刻なのが「サルコペニア肥満」と呼ばれる状態です。虫歯、歯周病などで歯が無くなりよく噛めなくなり、軟らかい食事を好み、糖質偏重の高カロリー低栄養
食が続くと肥満になり、血糖値と体脂肪が上がり糖尿病や動脈硬化の発症のリスクも上昇します。そのうえタンパク質と野菜の摂取不足によって筋肉がやせて体力低下、持病の悪化
にもなりかねないのです。なので、定期的な健診,食事の改善が大事になります。





むし歯、歯周病、入れ歯のかみ合わせ、白い歯,ホワイトニングなどの治療は「よいほの歯科診療所」まで

投稿者 よいほの歯科診療所

カレンダー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30