Staff・健康ブログ

2018年4月16日 月曜日

むし歯になるのは甘いものをたくさん食べるから??

こんにちは(*^-^*)歯科衛生士のミズカです。
桜が散り新緑の美しい季節がやってきましたね。
寒暖差があり体調など崩されていませんか??

さて今回は甘いものをたくさん食べるからむし歯になるのか。。。
というお話をしたいと思います。

甘いものを控えているはずなのに、むし歯になってしまう。。。
それは甘いものの「食べかた」に問題があるのかもしれません。
飲食後、お口の中では、細菌の生み出す酸や飲食物の酸により歯の成分が溶けだし(脱灰)その後、時間をかけて唾液が成分を歯に戻していきます(再石灰化)。
溶かす力が戻す力を上回る状態が長期間続くと、むし歯になります。

この時、甘いものの「量」以上に食べる「頻度や時間」が問題となります。
ひっきりなしに甘いものが口の中にあると、唾液が歯を修復する時間がとれません。
ですから、のどあめを絶えず舐めていたり、ドリンクをチビチビ飲んでいたりすると、むし歯になりやすいのです。
野菜ジュースやスポーツドリンクなど、ヘルシーなイメージのものにも意外に砂糖は入っていますので注意が必要です。







むし歯、歯周病、入れ歯のかみ合わせ、白い歯、ホワイトニングなどの治療は「よいほの歯科診療所」まで

投稿者 よいほの歯科診療所

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31