Staff・健康ブログ

2016年6月22日 水曜日

糖尿病とたばこ

こんにちは(*^-^*)歯科衛生士のユリです♪
あっという間に梅雨の季節がやってきましたね(>_<)
近所に咲いているあじさいが満開でとてもきれいで癒されてます。

今日は、糖尿病とたばこについてお話したいと思います。
喫煙は薬物依存という病気で、吸い出すとなかなか自分の意志でやめるのが難しいです。喫煙者のほとんどが、「ニコチン依存症」といえます。
糖尿病とたばこは最強最悪タッグといっても過言ではありません。喫煙していると、糖尿病になりやすく 血糖コントロールを悪化させ、糖尿病の合併症になりやすくなり、さらに病状を悪化させます。
糖尿病患者さんの死因で多いのはがんですが、喫煙はがんのリスクをさらに高めます。他には、糖尿病患者さんは動脈硬化が進みやすく、喫煙はそれを助長させます。したがって、狭心症などの虚血性心疾患、脳梗塞などの脳血管疾患、閉塞性動脈硬化症などの抹消血管病変、さらには網膜や腎臓などの最小血管の動脈硬化に至るまで血管病変を悪化させます。糖尿病患者さんは、感染症にもかかりやすく治りにくい危険性を持っていますが、喫煙は軌道の免疫系に悪影響を与え、日本人の死因の第3位である肺炎のリスクを高めます。喫煙は口腔内の環境にも悪影響を与え、歯周病の悪化の要因となります。
また、受動喫煙も糖尿棒に悪影響を与えることから、ご家族も禁煙をして家庭内が無煙環境となることが大切です。
何も頼らず自力で禁煙することは棒高跳びで高いバーを越えるような困難さがあり、成功率は数パーセントといわれています。それほどニコチンの依存性は高いのです。もしご自身で、禁煙が難しいようでしたら、禁煙外来を受診してみるのもいいかもしれません(>_<)






むし歯、歯周病、入れ歯のかみ合わせ、白い歯、ホワイトニングなどの治療は、
よいほの歯科診療所まで



投稿者 よいほの歯科診療所

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30