Staff・健康ブログ

2014年6月24日 火曜日

インプラント・ケア

こんにちは♪歯科衛生士のゆりです!
梅雨に入ってじめじめしたお天気でしたが、、、、(+_+)
今日は久しぶりの快晴で気温も暑くなってきましたね!
熱中症対策にこまめな水分補給が大切ですね!(^^)!

今日はインプラントのケアについてお話ししたいと思います。
歯を失ったときの治療の選択肢としてインプラントがあります。まるで自分の歯のように自然で噛みやすく快適です。
ただしこのインプラントは人工歯なのでむし歯にはなりませんがお手入れが悪いと歯周病(インプラント歯周炎)になってしまいます。インプラントの歯周病は、天然歯の歯周病と同じく歯茎の腫れから始まります。歯茎の溝に溜まったプラークに棲む細菌が悪さをするのです。放っておくと膿が出たり噛んだ時に違和感が生じついにはインプラントがグラグラしはじめます。
こうなると治すのは難しくなってきますので早期発見がたいへん重要になります。インプラントの場合あごの骨(歯槽骨)と細菌を隔てるのは歯肉線維のない歯茎のみになります。この歯茎が細菌に侵された状態が続いていても痛みがないのでその症状がどこまで進んでいるのか判断するのが遅れてしまいがちです。
インプラントを歯周病から守るには、普段からのセルフケアを丁寧にすること。そしてフロスや歯間ブラシを使っていて出血したら歯科医院で検査を受けることが大切なんです。歯茎が教えてくれる最初のエラーメッセージを見落とさないように大事にお手入れできると良いですね( ^^)



むし歯、歯周病、インプラント、入れ歯のかみ合わせ、白い歯、ホワイトニング等の歯科治療は、
三重県松阪市よいほの歯科診療所まで




投稿者 よいほの歯科診療所

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30