Staff・健康ブログ

2014年5月27日 火曜日

がん治療と歯科の関係とは

こんにちは♪歯科衛生士のいざわなです(^^)
とても過ごしやすい日が続いていて、街中の草木もとても鮮やかですね(^^)
こちらの医院のつつじも見頃を迎え、とてもきれいに咲いています♪

今日はがん治療と歯科の関係をお伝えしたいと思います。
いまやがんは、検査による早期発見、そして治療法のめざましい進歩のおかげで、治る病気になりました。ただ、一方に問題も生じています。治療方法が進歩し強くなるにつれ、副作用による合併症に悩む患者さんが増えているのです。
たとえば抗がん剤治療は、全身のがん細胞を徹底的にやっつける治療ですが、これによって健康な細胞もダメージを受けます。すると細菌やウイルスに対する体の抵抗力が弱まり、口の中を清潔にしていないと、口の中の細菌によってひどい口内炎が起きてしまいます。食事や睡眠がままならなくなると、体力の回復はもちろん、治療の継続が難しくなってしまうことも少なくありません。
合併症の原因となる口の中の細菌を減らすため、がん治療を受けることになった場合には、歯科の受診もとても大切になってきます(^^)




むし歯、歯周病、インプラント、入れ歯のかみ合わせ、白い歯、ホワイトニング等の歯科治療は、
三重県松阪市よいほの歯科診療所まで


投稿者 よいほの歯科診療所

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30