Staff・健康ブログ

2013年10月21日 月曜日

不適合な詰め物・被せ物の対策について

こんにちは。たなりーです。

今日は不適合な詰め物、被せ物についてお話しします。

詰め物、被せ物、被せ物の下にある金属の土台、セメントなど治療に使用した材料は年月とともに劣化します。そして、劣化した状態を何年も放置すると、様々な影響がでてきます。

隙間がむし歯に、プラークがたまり歯周病に、被せ物の土台の腐食、詰め物がはずれやすくなる、変色し見た目がよくない・・・など。

被せ物、詰め物の状態は患者様ご自身ではわかりません。不適合な被せ物、詰め物は早い段階で発見し、やりかえることで歯を長持ちさせます。何年も歯科医院へ行ってない方はチェックが必要です。ご家族にそのような方がいる場合は、早めの健診を勧めてあげて下さい。







むし歯、歯周病、インプラント、入れ歯のかみ合わせ、白い歯、ホワイトニング等の歯科治療は、
三重県松阪市よいほの歯科診療所まで
 

投稿者 よいほの歯科診療所

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31