Staff・健康ブログ

2017年1月20日 金曜日

インフルエンザ対策に・・・

はじめまして(*^^*)1月から新しく入らせていただきました歯科衛生士のエミです。どうぞよろしくお願いいたします。
お正月の暖かさから一転寒い日が続いてますね。インフルエンザで学級閉鎖...などという声も聞こえてきました。
インフルエンザの予防法を調べてみると歯磨きとマウスケアが重要であるそうです。
☆丁寧な歯磨きに加え殺菌効果のあるうがい薬を使用する。
☆うがい薬が使えない方や苦手な方は殺菌効果の高いことで知られるカテキンを多く含む緑茶などでうがいをするかこまめに飲む。
この二点をインフルエンザ対策に加えていただくといいかと思います。
お口の中の環境が自分自身の健康につながるということを改めて意識していきたいですね。



むし歯,歯周病、入れ歯の嚙み合わせ、白い歯,ホワイトニングなどの治療は、
「よいほの歯科診療所」まで

投稿者 よいほの歯科診療所 | 記事URL

2017年1月10日 火曜日

色素沈着について

こんにちは(^▽^)/歯科衛生士のゆりです。
明けましておめでとうございます。新年の目標は健康第一です。皆さんも風邪などひかれないように暖かくしてお過ごしください(>_<)
毎日歯を磨いていても、歯の表面に黒ずみ汚れ(ステイン)が付着してしまいますよね。ステイン付着の原因はさまざまですが、予防効果のある歯磨剤もあります。
歯の表面は、唾液由来の糖タンパク質を主成分とする「ペリクル」という薄い膜で覆われています。このペリクルは、飲食物などに由来する色素を吸着する性質があります。特に歯ブラシによる清掃が困難な部分では、歯の表面の微細な凹凸に色素が徐々にt蓄積していくことによって、ステインの付着がおこります。
ステインの付着を起こしやすい飲食物には、ポリフェノールの一種であるタンニンを含むワイン、紅茶、コーヒーなどがあげられます。その他の原因は、タバコに含まれるヤニ(タール)の沈着や、抗菌剤であるグルコン酸クロルヘキシジンを含む洗口剤の長期使用によるものがあります。
ブラッシング時に美白歯磨剤を継続的に使用することは、ステインの除去や付着抑制に一定の効果があると報告されています。歯磨剤に含まれる清掃剤(研磨剤)が歯の表面の汚れを擦り落とします。最近の歯磨剤では清掃剤の量や粗さを調節して、歯や歯肉を傷めないように工夫されています。また、ステインの除去効果を高める目的で化学成分を付かしたものも販売されていますので、気になられる方は試してみてください。




むし歯、歯周病、入れ歯の噛み合わせ、白い歯、ホワイトニングなどの治療は、よいほの歯科診療所まで

投稿者 よいほの歯科診療所 | 記事URL

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31